「神・時間術」を読み始めました!

樺沢紫苑氏の「神・時間術」を読み始めました!

読み始める前に、「東大読書(東洋経済新報社)」で学んだ、読解力を養うための仮説作りをしておきたいと思います。ここで言う仮説作りとは、読み始める前に読書全体としての読解のヒントを得る、言い換えると、大雑把な地図作りみたいなものです。

仮説作り:

①目標

理論的裏付けの取れた時間管理法を日々の生活に役立てたい。 

②目標達成までの道筋

「脳の機能を最大に生かす方法」、「朝・昼・夜の時間を最大に生かす方法」、「仕事時間の生かし方」、「自由時間の生かし方」を学べば目標達成。

③現状

・理論的裏付けの取れた、1日の利用の仕方を知らない

・効率的な時間の使い方が分からない

・朝のスタートの仕方が分からない

・昼食後の効率が下がってしまう

・夜疲れてしまってやる気が起こらない

・「集中」と「休息」の使い分けが正しく出来ているか自信がない

 

読み終わったら、「自分なりの気付き」、「これはためになったなという内容」、「これだけは覚えておきたいという内容」、「全体の感想」をまとめる予定です。

f:id:programingchance:20181215204526j:plain

神・時間術

f:id:programingchance:20181215205920j:plain

東大読書