Seb日記

日々の体験談について書いていきます。

アウトプット大全からの学び(12/4)笑顔の効果

~今日の学び~

 

笑顔を作ると10秒でハッピーになれる


笑顔を作ると10秒でハッピーになれるそうです。これはカリフォルニア大学の研究が明らかにしたものです。実験内容は、被検者の心拍数、体温、肌の電気信号、筋肉の緊張などを測定しながら、「笑顔」・「恐怖」の表情をしてもらいます。
その結果、「笑顔」を作るとわずか10秒で、「安心」しているのと同様の身体的な変化が現れたそうです。
一方、「恐怖」の表情を作ったときは恐怖の身体的な変化が現れたそうです。
まさに行動と心はリンクしていることを示した実験と言えます。

 
脳科学的に言うと、笑顔を作るとセロトニンドーパミン、エンドルフィンという3つの脳内物質が出ます。これらの物質が出ると、ストレスホルモンが下がり副交感神経が優位になるそうです。
つまり、笑顔というのは即効で緊張を緩和してストレスを解消してくれるものらしいです。

僕もこれから社会に出て色々な緊張する場面などに出くわすと思いますので、その度に「笑顔は安心を得る即効薬」ということを思い出し、積極的に笑顔を作っていきたい(他人から怪しまれない程度に)と思います。

 

f:id:programingchance:20181130093619j:plain

アウトプット大全

 

 

*本記事の一部を、書籍「アウトプット大全(樺沢紫苑 著)」から引用させていただきました。