Seb日記

日々の体験談について書いていきます。

やる気が出ないときの対処法(実践済)をまとめてみた

試験・資格勉強や独学をしていると
「今日はあんまり集中できなかった、、、(ヤバい、、、)」
「このところ集中できない時間が続いている、、(汗)」
「中だるみ期間だ、、、(どうしよう、、)」
という日が必ず来てしまいますよね。
そんな時皆さんはどうしていますか???
人それぞれ色んなことをして集中力を保とうとしているのではないのでしょうか。
 
そこで今回は僕(大学生)が今まで実践してきた対処法を書いてみたいと思います。
 
 因みに僕は今、機械工学を専攻しています。ちょっと色々あって今は休学中なのですが、独学で機械工学、機械関連全般、つまり「モノづくり」を勉強しています。
この記事では「モノづくり」を題材に「やる気が出ないときの対処法」を書いていきたいと思います。
 
 
 
 僕はモチベーション維持のために三つの方法を実践しています。これはモチベーションを上げるための正攻法といってもいいと思います。
 

 一つ目は、未来を想像してみる事が大事だと思います。その勉強をして「どんな未来を描こうとしているのか」、また「描けそうか」、考えてみましょう。とにかくそれが具体的でであるほどいいと思います。それをあえて文字に起こしてみたり、想像してみたり、絵に描いてみたり、どんな形でもいいのでなるべく具体的に想像してみましょう。例えば僕なんかは、「同僚や様々な業種の人とコミュニケーションを取りながら、色々な機械の製造を会社や現場でバリバリやっている」ような想像(夢)をよくします。

 

 二つ目は、日々の勉強を通してモノづくりの奥深さを知ることはモチベーション維持になると思います。そのためにはある程度の勉強量が必要になってくるでしょう。まずは集中できなくてもとにかく踏ん張ってやってみるといいかもしれません。意外とすぐ近くに今まで自分に見えていなかった世界があるものです。勉強でも何でも物事の奥深さを知ることによって、下記のようなサイクルが出来上がればしめたもんですね!

 ①勉強量が増える

→②学習内容の奥深さを知る

→③モチベーションがアップする

→①に戻る

 

 三つ目は、他の事に手を出してみるという事です。他の科目の勉強してみる、趣味に少し時間を使ってみる、とにかく目の前の事と違うことをしてみるといいでしょう。この目的は「頭をリフレッシュすること」です。このやり方にはポイントあります。それは他の事に集中してやることです。それが難しい時は、その時一瞬だけでも前やっていたことを忘れることです。リフレッシュする事が目的なので、「前にやっていた集中できなかった事」を思い出しながら、「他の事」をやるとリフレッシュするどころか、何でこんなことをしているんだろうと本来の目的を忘れてしまい、中には罪悪感を覚えてしまう人もいるかもしれません。それではただ時間をムダにしてしまうだけでしょう。

 
 
 
 
 次に、少し視点を変えてやる気が出ないときの対処法を考えてみました。
それはモチベーションが高いときに前進すればいい、という考え方をしてみる事です。言い換えると、無理してモチベーションを上げる必要は無いという事です。「モチベーションが高いとき」をじっくり焦らず待つ事も一つの方法なのではないでしょうか。
但し、これは資格試験や学校のテストのような期限が決まっている場合はあまり有効ではない気がします。こんな場合にじっくり焦らず待つなんて出来ないですよね。逆にストレスが溜まりそうです。
 
 
 
 
まとめますと、
正攻法:
未来を想像してみる
奥深さを知る
他の事に手を出す
視点を変えた方法:
モチベーションが高くなる時を待つ
 
 
 
 
以上になります。
今まで実践してきた対処法を思い出したり考えついたら更新していこうと思います。
皆さんのやり方も教えて頂けると幸いです。